給与や福利厚生の詳細

時給に違いがある理由を知る

正社員で採用されると給料は月給制が多く、出勤日に所定時間きちんと働くと決まった給料が受けられます。一方アルバイトは時給で給料が決まるところが多く、働いた時間に時給をかけて給料が計算されます。アルバイトの求人を見ると同じ求人でもいくつかの時給が書かれているときがありどれが自分がもらえる給料なのかわからないときがあるでしょう。時給が複数提示される理由として仕事の難易度による違いがあるかもしれません。経験が必要な仕事は時給が高くて誰でもできる仕事なら時給は低めになります。それ以外には勤務時間による違いがあります。深夜においては法律で割増賃金を払う決まりになっているので、同じ仕事でも深夜に行うと時給アップができます。その他試用期間は通常よりも時給が少なめに設定されるときがあります。

社会保険や労働保険に入れるか

正社員になると福利厚生として社会保険や労働保険に加入できると言われています。社会保険は健康保険と厚生年金、その他介護保険なども含まれます。労働保険は雇用保険と労災保険で勤務中にけがをしたときには労災で治療が受けられるかもしれません。アルバイトとして求人に応募するときには福利厚生として社会保険などに入れるかどうかを確認しておくと良いでしょう。社会保険に入るメリットとしては将来厚生年金や失業保険を受けられるかもしれない点で、逆にデメリットは保険料が発生する分手取りの給料が減ります。一週間の勤務日数が短かったり一日の労働時間が短いと社会保険や雇用保険に加入できないかもしれません。労災保険に関しては基本的にはアルバイトでも加入でき保険料の負担はありません。

工場の転職は、リーダーとして現場をまとめた経験がある人や、電気や化学などの専門的な資格を持つ人が有利になる傾向があります。